【寄付のお願い】子どもとお年寄りが“大家族”のように過ごす保育園に太陽光発電をつくります

地域交流会
2017.01.20

hoshinomiya_2PV-Net埼玉地域交流会はこれまで、NPO法人環境ネットワーク埼玉との協働による市民共同発電所の設置を、埼玉県内の7つの公共施設で手がけてきました。埼玉県では、NPOなどが市民・企業等からの寄付を募り、それを原資に太陽光発電を設置することを奨めており、補助金を通じたサポートを行っています(参考:埼玉県の市民共同太陽光発電事業設置実績)。

今年度についても同補助事業を受けて、発電所の設置計画を進めています。場所は、デイサービスが併設され、子どもとお年寄りとが昔ながらの“大家族”のように過ごしている、熊谷市の「社会福祉法人古宮会ほしのみや保育園」。地球温暖化の影響を最も受けるであろう次世代の子どもたちに、太陽光発電や自然エネルギーを身近に感じられる場をつくるとともに、地域の人々と一緒に環境学習にも取り組もうというプロジェクトです。

現在、設置に向けた費用について、その全額(73万円。補助金を除く)を目標にご寄付を募っております。未来と地域をつくるこの取り組みに、ぜひご一緒してください!

hoshinomiya_2_

市民共同発電所のスキーム図

申し込み方法

寄付金は、上記の図内に明記しているゆうちょ銀行口座、または寄付のページで紹介している入金先へのお振込をお願いいたします。

ただし、払込取扱票(青色)以外での入金の場合、メールやFAXなどで、下記の必要情報をご連絡いただくようお願いします。

【必要情報】
「タイトル(ほしのみや保育園市民共同発電所寄付金)」「寄付者名簿掲載の可否」「その他応援コメント」 「氏名」「住所」「電話番号」

寄付に対する税制優遇措置を受けられます

PV-Netは、所轄庁の認定を受けた仮認定NPO法人のため、寄付を行った場合、税制上の優遇措置を受けることができます。

個人寄付は、寄付金額から2,000円を差し引いた額の最大50%(国税分40%+地方税分10%)の優遇措置、企業の場合は一定額の損金算入が可能となります。優遇措置を受けるには確定申告が必要です。確定申告まで、PV-Net発行の受領証明書を保管ください。(PV-Netでは、寄付等が確認できた日付で1回ごとに受領証明書を発行します。1月1日~12月31日までの合計額が対象になります)

確定申告の詳細は、国税庁のウェブサイト、または税務署窓口でご確認ください。

 

【本事業へのお問い合わせ】
PV-Net埼玉地域交流会 市民共同発電担当・國井
Eメール: tkunii@gk9.so-net.ne.jp
TEL&FAX: 048-556-4188