3/31 フォーラム神奈川2018「太陽光発電、売る時代から使う時代へ 」(神奈川地域交流会)

イベント・セミナー
2018.03.09
エネルギーの自給自足をテーマに開催した昨年度の「フォーラム神奈川2017」

エネルギーの自給自足をテーマに開催した昨年度の「フォーラム神奈川2017」

今年で17回目を数えるPV-Net神奈川地域交流会主催の「フォーラム神奈川」。今回は「太陽光発電、売る時代から使う時代へ」をテーマに、3月31日(土)の13時より開催します。

2019年11月、太陽光発電のFIT制度(固定価格買取制度)の買取期間10年を満了する最初の家庭約45万戸が現れます。以降、毎年約20万戸が制度の対象外となります。制度対象外となると、発電量のうち、自家消費できなかった余剰電力は、買い取ってくれる会社との自由契約による売電となります。その価格は電力購入価格(電気料金)よりもはるかに安い価格になることが予想されますので、余剰電力を賢く運用する時代の到来といえます。

今回のフォーラムでは、その運用方法の一案として、蓄電池導入などを取り上げ、その問題点や活用方法を考え、2019年問題に備える有益な集会にしたいと考えております。万障繰り合わせのうえ、ぜひご参加ください。

太陽光発電、売る時代から使う時代へ

日 時: 3月31日(土)13:00~16:30(受付開始12:30)
会 場: 横浜市開港記念会館1階1号室
最寄駅: みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩1分、JR &横浜市営地下鉄「関内駅」から徒歩10分
参加費: 無料(資料代800円

 

【プログラム】

講演「2019年問題を迎えて、蓄電池導入は必要か?」 13:10~14:30
堤 教晃 氏(株式会社Looop蓄電池事業部部長)
(質疑14:10~14:30 休憩14:30~14:40)

会員発表①「メーカーが教えてくれない蓄電池導入に関する予備知識」  14:40~15:20
古峰聖治 (質疑15:10~15:20)

会員発表②「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に住んでみて」 15:20~16:00
須藤貞夫 (質疑15:50~16:00)

PV-Net神奈川活動報告・事務連絡 16:00~16:30

終了後、17時より会場周辺の「湘南茅ヶ崎 道」で、懇親会を予定しています。お時間のある方はお気軽にご参加ください(会費4,000円程度)。


【参加申し込み・問い合わせ先】

資料準備の都合上、メールやFAXにて事前にご連絡をお願いします。

PV-Net神奈川地域交流会
代表 田辺啓平
TEL:045-810-1470 FAX:045-810-1471
E-mail:keitnb@asahi.email.ne.jp