停電時における太陽光発電システムの自立運転機能の使い方

お知らせ
2018.09.06
jiritsuunten_01

クリックで冊子が開きます

9月6日未明に発生しました北海道胆振東部地震で被災されたみなさまには、心より見舞い申し上げます。

「自立運転コンセント」を備えた太陽光発電システムは、停電時でも自立運転機能を活用することで、晴れた日中は電源を取ることができます(パワーコンディショナ1台で最大1500W=15アンペア)。

太陽光発電ネットワークでは、過去に環境省との協働により「太陽光発電の賢い使い方 ~停電・災害時の自立運転コンセントの活用~」を制作しました。

以下に「自立運転コンセントの使い方」を抜粋します。メーカーや機種により操作方法が異なる場合もありますので、必ず取扱説明書をご確認ください。

また、パワーコンディショナは高所やリビングから離れた場所に設置されているケースが多いため、延長コードやコンセントの差込口が多い電源タップを用意することをおすすめします。

日照が十分でなかったり、雲がかかって瞬間的に発電量が低下すれば、機器の動作が不安定になったり、場合によっては機器を壊してしまう可能性もあります。機器の性格も考慮の上、使用してください。

jiritsuunten_02

jiritsuunten_03