11/14 「太陽光発電所メンテナンスビジネスのあり方と発電所中古売買」に代表都筑が登壇します

イベント・セミナー
2018.10.26
pvmaintenance_fukuoka

クリックで申込用紙が開きます

11月14日、福岡市で開催されるセミナー「太陽光発電所メンテナンスビジネスのあり方と発電所中古売買」に、代表の都筑が登壇します。

九州では、固定価格買取制度(FIT)に伴い太陽光発電システムが急速に普及しましたが、初期に導入された発電所の一部では不具合や発電能力の低下等が発生しています。急速な拡大期から安定的な普及期に移行するなかで、太陽光発電システムを長期安定電源として適正に運用するためのO&M(オペレーション&メンテナンス)のほか、O&Mによる廃棄部材削減(リデュース)・再利用品の活用(リユース)・廃棄部材の適切処理(リサイクル)という3Rに対するニーズが高まってきています。

本セミナーでは、現在のO&Mに関する全国的な動向や地域での取組事例、また定期的にO&Mを実施することの意味(点検記録の蓄積による中古売買など)等について、解説していきます。参加費は無料となっております。ご関心のある方はお早めにお申し込みください!


日 時: 11月14日(水)13:30~16:00(開場13:00)
会 場: 博多バスターミナル9F第6・7ホール会議室(福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1)
定 員: 50名
参加費: 無料
締 切: 11月12日(月)

【プログラム】
①「これからの太陽光発電とO&M」 13:40~14:30
都筑 建(認定NPO法人太陽光発電所ネットワーク代表理事)

②「PVビジネスとO&Mの取組」 14:30~15:20
鈴木和彦 氏 (株式会社イスズ代表取締役会長、川崎新エネルギー振興協会会長)

③「太陽光発電所のO&Mと中古売買の関係」 15:20~15:55
藤井 学 氏(公益財団法人九州経済調査協会次長)
小野正彦 氏(株式会社新出光ファシリティーズ常務取締役、⼀般社団法人太陽光発電アフターメンテナンス協会理事)

【申込み】
参加ご希望の方は、申込みフォーム(クリックでフォームが開きます)、または上記のチラシをクリックして申込用紙(PDF形式)をダウンロード・記入してFAX(092-721-4904)より、お申し込みください。

【申込み先・お問い合わせ】
公益財団法人九州経済調査協会セミナー事務局(担当:吉原・藤井・扇野)
TEL:092-721-4905 FAX:092-721-4904
詳細はこちら