スタッフ紹介・組織体制


都筑 建(代表理事)
気候の異変が顕在化かつ常態化しつつあるなか、それに呼応するかたちで再生可能エネルギーの普及促進は世界的に進んでいます。太陽光発電の置かれている状況も、PV-Net設立時と比べて変わりつつあるなか、われわれは重要な岐路に立たされているといえるでしょう。

mistuishi_


三石博行(副代表理事)
自然エネルギー社会形成のために解決しなければならない課題は限りなくあります。今、私たちは、その一つひとつの課題に取り組むことによって、着実に、その長い行程を一歩前進できるのではないでしょうか。たとえ、その一歩がどれほど小さくても、決して諦めることなく、前に進み続けることで、未来の人々に、現在をつなぐことが可能になると思います。


noimage


高柳良大(副代表理事)
準備中

kato


加藤 聡(理事/事務局次長)
一匹狼の環境ライターから、会員2,000名を超えるPV-Netにやってきたことで、これまで縁遠かったNPOのマネジメントやマーケティング、活動成果を強く意識するようになりました。社会を変える力であり、わたしたちの活動を支えてくださる「仲間」を増やすべく、日々奮闘中です。日本ファンドレイジング協会認定「准認定ファンドレイザー」。


itohirobumi


伊藤博文(理事)
組織部の東日本地区を担当しています。地元の静岡では市民共同発電所の建設に携わり、こうした事業を通じて世話人会が活動的になることを強く感じました。この経験を活かし、全国の地域交流会の活性化に寄与できればとの思いです。また、出身が岩手県ということもあり、東北6県の組織の確立も併せて行いたいと考えています。

sugawara


菅原佐喜雄(理事)
東北6県地域交流会世話人代表@岩手県一関市。環境エネルギーへの関心から3.11の東日本大震災と世界初の原発震災を経験し遊休地利用・小型手造り太陽光発電所に到着。一関市民パワー発電所事業化検討地域協議会では合同会社一関市民発電の登記・設計・施工・メンテナンスを担当。「千厩おもちゃの病院」院長としての顔やドキュメンタリー映画上映・ギター・唄の活動も。


kuwabara


桑原紀仁(理事)
会員の困っていることに寄り添った活動をしていきたいと思っています。改正FIT法への対応を含めた相談室の取り組みとして、太陽光発電所として実施しなければならないことや、発電量が低下してきた場合に早期に気が付くための方法、気付いた時にどのような行動をとれるかを、できるだけ多くの会員に知っていただけるような活動を目指したいと思います。

satotsugio_


佐藤次雄(理事)
2004年の入会以来、神奈川地域交流会世話人を務めております。2016年に開催したフォーラム神奈川では、市民電力連絡会の竹村英明理事長と同窓であることがわかりました。今回、理事の推薦を受けましたが、理事会が重要な意思決定機関であることは理解しています。PV-Net会員が入会していてよかったと思える組織が必要とされています。皆でがんばっていきましょう。


noimage


田中 稔(理事)
準備中

takeda


武田善明(理事)
準備中


furuichi


古市恵三(理事)
三井造船にて蒸気タービン設計および発電プラントエンジニアリングに従事。脱サラして小型エンジンコージェネや太陽光発電、バイオマス蒸気ソリューション事業を立上げました。PV-Netへの参加は温暖化防止が目的であり、太陽光発電を日本の主力電源にしたいと考えます。京都をその活動基盤とし、この地から再生可能エネルギーを普及させていきます。

yasuhara


安原克彦(理事)
1964年大阪生まれ。長野県で生物学を学び、バブル期の東京で社会人をスタートさせる。以来、外資系薬品会社、有機農産物の流通、木質エネルギーのコンサルで20年間の東京暮らしを経て、2006年に熊野に移住。食品工場の工場長を14年間勤めた後、古本屋カフェを2020年秋に開店すべく準備中。


suzuki


鈴木宣直(理事)
茨城県笠間市在住。かつて気象庁職員であった一期間、日射計検定の仕事に携わったことがきっかけで太陽光発電に興味を持つようになり、2010年、庭先に太陽光発電所を設けました。会員歴が浅く微力ですが、活動計画、特に地域活動の活性化、太陽光発電の健全な普及を進める一助になりたいと思います。

noimage


宗貞貴洋(理事)
準備中


miyashita


宮下洋一郎(技術部長)
準備中