岩手県野田村で「自然エネルギー寺子屋」を開催します

イベント・セミナー
2017.05.03
terakoya

クリックでチラシが開きます

東日本大震災で被災した岩手県野田村のお父さんとPV-Net、環境パートナーシップいわての協働で建設した「野田村だらすこ市民共同発電所」。ここを会場に、災害に強く、地域に貢献するエネルギーを学ぶ、自然エネルギー学校を毎年開催しています。

昨年度の自然エネルギー学校レポート

今年も6月9日~11日の3日間、自然エネルギー寺子屋(学校)の開催が決定しました。今回のテーマは「野田村の魅力を知る」。単に自然エネルギーを学ぶだけでなく、バイオマスエネルギーである薪で旬の海山の幸を薪で調理し、味わうなど、野田村の資源や魅力を最大限に体験することのできるイベントです。

震災後の電力不足の経験がきっかけとなり、生まれた野田村とPV-Netとの交流。その交流の輪に、ぜひ多くの方に参加していただければと思います。

またこの季節の三陸地方は、ウニ漁の最盛期。今しか食べられない味を求めて、東北まで少し足を延ばすのもオススメです。だらすこメンバーと一緒に楽しい3日間にしましょう!

自然エネルギー寺子屋

日 時: 6月9日(金)14:00~6月11日(日)12:00 (一泊のみの参加も可)
会 場: だらすこ工房、だらすこ市民共同発電所、庵日形井
最寄駅: 三陸鉄道北リアス線「陸中野田駅」からクルマで15分
参加費: 野田村民無料(昼食・夕食は実費)、二泊三日21,000円/一泊二日13,000円を予定

※プログラムの詳細はチラシ参照(変更の可能性あり)

【問い合わせ・申し込み】

お名前、住所、所属、連絡先(携帯・メール等)、交通手段等を、メール、またはFAXでご連絡ください。

野田村自然エネルギー寺子屋実行委員会(事務局:岩手県地球温暖化防止活動推進センター)
TEL:019-681-1904 FAX:019-681-1906
メール:kanpai@utopia.ocn.ne.jp